So-net無料ブログ作成

薬の正しい知識8*水素サプリメント [健康]

過敏反応

 人によっては、特定の薬に過敏で、ふつうの人にとっては少量でも、ひどい副作用を起こすことがあります。多くは先天性の特異体質ですが、病気と考えられることもあります。これを“薬物過敏症”といいます。
 ペニシリンや麻酔薬の注射で起こるショックや、アスピリンなどの解熱薬や抗生物質による薬疹[やくしん]がこれに当たります。極端に強い場合は生命にかかわります。過敏反応は厚生労働省への薬局モニターの届け出でも、もっとも多い副作用です。また、ほかの薬といっしょに使うと危険になることもあります。最近では抗がん薬の生命にかかわる副作用が問題になりました。
 一度このようなことになった場合は、必ず薬の名前を記録しておき、次に医師にかかるときに申し出ることが必要になります。また、以前になにも特別な反応が起こらなかったから、いつも大丈夫とはいえないので、薬を使ったときは、いつも過敏反応を起こす可能性があると考えていなければなりません。
 このような反応が、皮膚などにはっきり見える状態で起こるとよいのですが、肝臓の障害などを起こすと、なかなかわからない場合があります。薬を服用して、食欲の変化や疲れなど、すこしでも変わったことがあれば、すぐ医師に相談すべきです。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識7*水素サプリメント [健康]

薬の用量2

 薬の量は、おおよそ、体重に比例して使っていいのですが、肝臓や腎臓のわるい人はなかなか排出されず、すこし多く使うと中毒することがあります。薬によって肝臓から排泄されるものと腎臓から排泄されるものがあり、このことを知って、それぞれ服用する人の状態に合ったものを使います。強心薬のジギタリスは、肝臓から排泄されたものが腸からふたたび吸収され、結局腎臓から排泄されます。そこで腎臓のわるい人ではなかなか排泄されず中毒を起こしやすくなるのです。
 たとえば、スモンの原因となったキノホルムは、少量を短期間用いると、各種の下痢に有効な、使いやすい薬でしたが、大量あるいは長期間用いられるようになって、神経症状を起こし、発売禁止になりました。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識6*水素サプリメント [健康]

薬の用量

 薬の作用が量に関係することは、「薬の作用」の項で述べたとおりですが、特に注意したいのは、余計に使うとさらによく効くという考えが、時に重大な危険を伴うということです。
 ビタミンB1欠乏症(脚気[かっけ])のとき、ビタミンB1薬を1日1mgでは効かず、5mgにしたらすこし効き、10mgにしたら、もっとよく効くということはあります。
 また、気管支肺炎で、ペニシリンを1日30万単位ではなく、100万単位にしたらよく効くということもあります。
 しかし、これらの薬は特に多く使っても支障のない薬であって、どの薬もこんなわけにはいきません。ふつうよく使われるアスピリンでさえ、一度に5gものめば、めまいなどひどい副作用があります。睡眠薬に使うバルビタールは、1回に0.2~0.5g用いるものですが、3g以上のむと危険であり、死ぬこともあるのです。そこで、0.5gが極量(これを超えると中毒を起こす危険性のある量)ということになっています。どの薬にも適当な常用量が決められています。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 

薬の正しい知識5*水素サプリメント [健康]

内服薬

 多くの薬は、内服によって目的を達することができます。のんだ薬は吸収されずにそのまま腸の中ではたらくものもありますが、多くは口腔粘膜や胃腸から吸収され、リンパや血液によっていろいろな組織に運ばれ、そこではたらきます。幼児にはシロップなどでのみやすくした液状のものをよく使いますが、坐薬も解熱などによく使われます。
 薬はどのような使いかたをしても、ある時間がたつと、そのまま、あるいは分解されて排出されます。薬がはたらく時間は、薬の種類や量によって違い、20~30分しか効かないものから、数日あるいは十数日も続くものがあります。
 効果の持続時間は、通常の薬では数時間以内ですから、継続して効かせるには1日に3回か4回服用します。しかし、1日に何回も用いなければならないと、忘れやすく外出にも不便なので、1日1回の内服薬や1週1回の貼布薬などが用いられるようになりました。このように服用の回数を少なくするためには、吸収の速さを遅らせたり、排泄がおそくなるようにしたりするので、全体の使用量が多くなることがあり、副作用に注意が必要です。胃腸の粘膜に触れると刺激作用のある薬や消化薬は、食後30分以内にのみ、別に刺激作用のないものは食間(食後2~3時間)に服用してもいいのです。それぞれ医師の指示に従ってください。
 食欲増進薬は食前30分に用います。鎮痛薬や催眠薬のように、1回のめば目的を達するものは、頓服[とんぷく]といって、必要に応じて使います。カプセルに入った刺激の強い薬をカプセルから出して服用したり、水をいっしょに使わなかったりすると、しばしば食道や胃に潰瘍をつくります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識4*水素サプリメント [健康]

薬の使い方

 薬には内服用の錠剤・カプセル・トローチ・粉末剤・水薬・アンプル剤・舌下錠[ぜっかじょう]、注射、吸入、スプレーするもの、注腸用、坐薬、外用の軟膏・貼布薬・テープ・点眼薬・点鼻薬・すこしずつ吸収される特殊な工夫をほどこされたものなどの別があります。もっとも一般的なものは内服です。
 薬の種類によって、また病気や症状の種類によってその効果がもっともよく出るように工夫を要します。痛みの発作の治療には、早く効果のあらわれる注射、胃酸過多の酸をただちに中和するためには、制酸薬の粉末の内服が有効ですが、予防には毎日何回か服用します。
 注射は効きかたが早く、確実であるいっぽう、危険を伴う方法ですから、医師の指示によって毎日使う糖尿病に対するインスリンなどのほかは、医師の指示なしに自分の考えで注射することはできません。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識3*水素サプリメント [健康]

薬の分類

 薬剤はその作用の内容によって分類されており、たとえば高血圧の治療薬を抗高血圧薬、がんの治療薬を抗がん薬、血小板のはたらきを抑制する薬剤を抗血小板薬、血管を広げる薬を血管拡張薬など、それぞれの作用に薬をつけてまとめて、「……薬」と称しています。以前は「……剤」と呼ばれていたこともあり、「下剤」「解熱剤」などと慣用されているものもありますが、錠剤、散剤などと決まったものでなく、薬形を問わず一般的にその薬剤について説明する場合には、本ブログでは「……薬」と書きました。
 また薬を1種類だけ使っているとなんの危険もないのに、ある別の薬といっしょに服用すると副作用が起こったり、効果がなくなったりすることがあります(薬物相互作用)。逆に効果がいちじるしく高まることもあります。
 他方、「いわしの頭も信心から」というように、薬としては直接の薬効がはなはだ少ないか、またはほとんどなくても、効くと信ずることにより、精神的な影響により一見有効にみえる薬剤もあります。このような効果を“プラセボ(偽薬)効果”といいます。この場合、一時的には有益ともいえましょうが、長期にわたるときは無用な浪費となります。
 この種の薬も用いられていたので、批判の対象となっているものがあります。厚生労働省では、新しく開発された薬の検討はもとより、古くから売り出されている薬も含めて、薬効の再評価をおこなっています。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識2*水素サプリメント [健康]

薬の危険性

 一般に薬は、生体になんらかの作用を及ぼします。その作用は、薬の量によっても違います。ある量ではほとんど影響がありませんが、それより多いある量では有効であり、さらに多い量では有害にはたらきます。特に作用の強い薬は、余計に使うと中毒して死ぬことさえあるのです。
 少ない量で効き、有害でない薬なら安全であり、ちょっと多く使うとすぐに中毒を起こすような薬は、危険な薬ということになります。
 中毒など不利なことを起こしやすい危険な薬は劇薬とか毒薬とかいわれて、医師でないと使えないことになっています。ところが、ふつうに買える薬にも、相当の量をのんでも注射しても危険のないものから、量を誤ったり、特異体質などで使いかたを誤ると危険なものまであります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬の正しい知識1*水素サプリメント [病気]

薬の作用

 医療に用いられる薬は、人の病気を治すため、また予防するために使うものですが、病気を治す目的のためには、2つの種類があります。
 第1は、病気の原因に対してはたらくもので、病原菌に対するペニシリンそのほかの抗生物質、化学療法薬、寄生虫に対する駆虫薬[くちゅうやく]などがあります。鉄欠乏性貧血症に使われる鉄剤や、ビタミン欠乏症に対するビタミン薬もこのなかに含めてもよいでしょう。
 第2のものは、痛みなどの症状を軽くしたりとめたり、対症的にはたらくもので、病気の原因そのものには効かなくても、症状をよくすることによって、病気の経過によい影響を与え、自然治癒を促進するものです。高熱に対する解熱薬、痛みに対する鎮痛薬などがあり、多くの薬はこちらに属します。
 しかし、ただ症状をよくするものだけではありません。インスリン不足またはインスリン抗体があったり、肥満などでインスリン効果が不足している人の糖尿病に対して不足したインスリンをいつも補う治療などは、根本的に原因をよくすることはなくても、それを続けることによって糖尿病の合併症をほとんどなくし、健康を取り戻すことになります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

食事療法25*水素サプリメント [介護]

かむ・飲み込むが困難な場合

 かむ力が弱ったときでもいきなりミキサー食や刻み食にすると食欲を失うことがあります。食べられる範囲で刻み目を入れたり、形のままやわらかく煮て食べやすくします。かむことも大切なので義歯も慣れてきたら無理のない程度のかみごたえのある料理にします。
 むせやすいと誤嚥性[ごえんせい]肺炎になる危険性があります。汁物は「とろみ」をつけます。かゆ、とろろ、あんかけ、マッシュ、あえ物、グラタン、ゼリーなどにします。粉っぽい、ほくほくした食物、汁に実が浮いているようなみそ汁、ピラフ、炒飯などはむせやすい食物です。食べるときには背筋を伸ばして前を見てあごは引きぎみがよく、ひと口の量も少なめに、食物と水や汁物は交互にとります。また食後1時間以上は横にならないことです。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

食事療法24*水素サプリメント [介護]

高齢者の食事

 高齢者はかむ力が弱り、かたいものが食べにくくなります。菓子やご飯にかたよると栄養のバランスをくずし健康状態がわるくなりがちです。
 肥満はもちろんよくありませんが、「やせすぎ」も抵抗力が落ちて、簡単に肺炎や褥瘡[じょくそう]になりやすく危険です。
 高齢者では水分補給が大切です。渇感が鈍り、「脱水」を起こして血液の濃縮から脳梗塞を招くなど命にかかわるときもあります。食欲がないと食事によって得られる水分もとれません。尿量を減らすために水分を減らすのは危険です。
 四群点数法の3・3・3が基本です。

・第一群
 乳・乳製品は高齢者の健康によく、骨粗鬆症[こつそしょうしょう]の進行も防ぎます。牛乳1日1~2本を、下痢をする人はヨーグルトやチーズで、コレステロールが高い人はスキムミルクでとります。卵は少量で質のよいたんぱく質を簡単にとれる貴重な食品です。血清コレステロールが高くない限り1日1個とります。高齢者の体力の低下は多くの場合、たんぱく質の不足によります。

・第二群
 魚介・肉も高齢者からは敬遠されがちですが、良質のたんぱく質源です。かたい肉はやわらかく調理します(煮込み・刻み・挽き肉)。魚も塩乾魚より鮮魚がよく、魚の油はEPAやDHAがあるので血栓による心筋梗塞などを予防します。
 豆腐は高齢者に適した食品です。良質のたんぱく質があり、塩分が少なく、やわらかくて消化がよいし、カルシウムや食物繊維も豊富です。納豆も骨粗鬆症の予防作用があります。

・第三群
 野菜は歯に合うように調理してたっぷりとります。いもや果物、海藻、きのこなども食物繊維源としても便秘を防ぎます。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます