So-net無料ブログ作成

食事療法25*水素サプリメント [介護]

かむ・飲み込むが困難な場合

 かむ力が弱ったときでもいきなりミキサー食や刻み食にすると食欲を失うことがあります。食べられる範囲で刻み目を入れたり、形のままやわらかく煮て食べやすくします。かむことも大切なので義歯も慣れてきたら無理のない程度のかみごたえのある料理にします。
 むせやすいと誤嚥性[ごえんせい]肺炎になる危険性があります。汁物は「とろみ」をつけます。かゆ、とろろ、あんかけ、マッシュ、あえ物、グラタン、ゼリーなどにします。粉っぽい、ほくほくした食物、汁に実が浮いているようなみそ汁、ピラフ、炒飯などはむせやすい食物です。食べるときには背筋を伸ばして前を見てあごは引きぎみがよく、ひと口の量も少なめに、食物と水や汁物は交互にとります。また食後1時間以上は横にならないことです。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法24*水素サプリメント [介護]

高齢者の食事

 高齢者はかむ力が弱り、かたいものが食べにくくなります。菓子やご飯にかたよると栄養のバランスをくずし健康状態がわるくなりがちです。
 肥満はもちろんよくありませんが、「やせすぎ」も抵抗力が落ちて、簡単に肺炎や褥瘡[じょくそう]になりやすく危険です。
 高齢者では水分補給が大切です。渇感が鈍り、「脱水」を起こして血液の濃縮から脳梗塞を招くなど命にかかわるときもあります。食欲がないと食事によって得られる水分もとれません。尿量を減らすために水分を減らすのは危険です。
 四群点数法の3・3・3が基本です。

・第一群
 乳・乳製品は高齢者の健康によく、骨粗鬆症[こつそしょうしょう]の進行も防ぎます。牛乳1日1~2本を、下痢をする人はヨーグルトやチーズで、コレステロールが高い人はスキムミルクでとります。卵は少量で質のよいたんぱく質を簡単にとれる貴重な食品です。血清コレステロールが高くない限り1日1個とります。高齢者の体力の低下は多くの場合、たんぱく質の不足によります。

・第二群
 魚介・肉も高齢者からは敬遠されがちですが、良質のたんぱく質源です。かたい肉はやわらかく調理します(煮込み・刻み・挽き肉)。魚も塩乾魚より鮮魚がよく、魚の油はEPAやDHAがあるので血栓による心筋梗塞などを予防します。
 豆腐は高齢者に適した食品です。良質のたんぱく質があり、塩分が少なく、やわらかくて消化がよいし、カルシウムや食物繊維も豊富です。納豆も骨粗鬆症の予防作用があります。

・第三群
 野菜は歯に合うように調理してたっぷりとります。いもや果物、海藻、きのこなども食物繊維源としても便秘を防ぎます。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法7*水素サプリメント [介護]

軟食

 さらに回復してきたら与える食事で、病状の回復に伴い、三分がゆ食、五分がゆ食、七分がゆ食、全がゆ食とかゆの濃さに従って、副食もそれに相当するやわらかいものを使います。
 全がゆは米1カップに水5カップで炊き、できあがりが800g、七分がゆは水7カップで1120gに、五分がゆが米半カップに水5カップでできあがりが800g、三分がゆが米半カップに水10カップを使って1600gに仕上げます。かゆを調理するポイントは、強火で沸騰させたら、いったん木じゃくしで底についた米粒を離し、あとは火を弱めてすこしふたをずらし、やっと沸騰が続くくらいの火の強さで50分煮ます。
 最近はかゆの炊ける炊飯器や専用の電気器具などがつくられていますから、それらを利用してもいいでしょう。
 また、かゆのレトルト製品や缶詰も発売されています。なお、流動食のおもゆは、五分がゆをガーゼで自然にこしたものです。
 かゆはむかしから病人食の中心でした。水分補給としては茶などよりエネルギーはありますが、慢性の病気や回復期の患者には、ご飯のほうがエネルギーがとりやすいです。
 かゆには卵、牛乳、梅干し果肉、番茶、刺身などを加えて栄養価を上げたり、風味の変化をつけられます。オートミール、パンがゆ、コーンフレーク、マフィンなども使えます。
 副食としては下の表「回復期軟食の調理例」を参考にしてください(なお、表および献立は主として文部科学省認定社会通信教育『栄養と料理専門講座』「病人食」からの引用です)。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 

食事療法6*水素サプリメント [介護]

流動食

 固形物がほとんど含まれず、かまずに飲み込めるもの、固形でも口の中で体温によって溶けてしまうものです。病人が固形物をまったく食べられなくなったときに用います。
 たとえば口や歯の外傷で口があかないとき、歯の治療時、口腔内の粘膜に炎症があるとき、悪心、嘔吐、意識不明、食道の通過障害、急性下痢、急性胃炎など急性の消化器障害の直後など胃腸の安静を守りたいとき、開腹手術(虫垂炎、胆嚢炎や胆嚢結石、胃・十二指腸潰瘍やがんの手術)のあとなどです。
 病気の急性期や絶食後など、はじめて口にする繊維や脂肪の入っていない流動食を単純流動食といいます。薄味で濃度も薄いもので、湯ざまし、麦茶、薄いおもゆ、繊維や脂肪の入っていないスープ、薄いくず湯、薄い果汁などです。はじめは1時間おきに50mlぐらい(カップ4分の1)から徐々に量を増し、回数を減らします。とりあえずの水分補給などのためですから、長期間続けると栄養が不足します。せいぜい2~3日にします。
 すこし症状が回復してきたら、良質たんぱく質などを含み、エネルギーも高い濃厚流動食へすこしずつ変えます。卵、牛乳、脱脂粉乳、ゼリー、すり流し汁、ポタージュ、くず湯などで、回復してくれば軟食に移ります。しかし食欲も出て消化吸収力が上がっても固形食がとれない場合には、濃厚流動食だけで栄養を維持できるよう、またあきないように味つけも工夫が必要です。アイスクリーム、シャーベット、ゼリーなどにする調理法も使えます。栄養素のバランスをとって調合した各種濃厚流動食も市販されています。味が単純ですから長期間は無理ですが、成分的には使用可能です。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

リハビリテーション17*水素サプリメント [介護]

装具

 装具は上肢用、下肢用、体幹用などに分けられます。最近は機能的にも材質的にも優れたものが考案され開発されてきたので、自宅や職場でも使用される例がふえました。装具の使用目的は、関節などの障害で不安定な部分の固定、力の弱い部分の支え、変形の予防と矯正、体重圧がかかるのを防ぐ(免荷)などです。歩行時に使用される下肢装具にもいろいろありますが、自分で着けはずしできるようにして、はずしたあとで圧迫されている部分やこわれそうな部分がないかなどの点検が大切です。専門家のチェックを受け、必要に応じてつくり直すことも必要です。
 長下肢装具はひざと足関節を固定して歩行を可能にします。股関節も固定するためには、腰の高さからベルトを巻く体幹の装具を組み合わせた装具が使用されます。歩くためには、多くの場合に松葉杖も必要ですので、日常生活での移動手段としては車椅子が便利です。車椅子が日常的に使用できるためには、街なかの乗り物や建物がバリアフリーにつくられることの必要性に気づかされます。
 腰痛症でよく使われるコルセットは、背骨の安定性を高めて痛みを防ぎますが、長期間の使用で筋肉が弱くなるので、ふだんの運動も大切です。発育期の側彎症では、くびや胸の高さから固定する装具が使われますが、厳密な適合のチェックと運動練習も必要です。
 簡単な装具の仲間には靴の中敷きやかかとの工夫も含まれます。足やひざの痛みがこうした装具で和らぐこともあるので、整形外科やリハビリの先生にご相談ください。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 

リハビリテーション16*水素サプリメント [介護]

杖と歩行器

 歩くための道具としては杖がいちばんですが、杖にもいろいろあります。代表的なものはT字杖と呼ばれるものです。杖では握りの高さ、杖先ゴム(滑りどめ)に注意します。長すぎても短すぎても姿勢が不自然になり、杖がじゃまになることがあります。杖先ゴムがすり減っていると滑って転ぶ原因となります。片方に杖を持つときは健常側(ひざや股関節の変形や痛みのないほう)で持ちます。
 歩行器にもいろいろあります。基本は交互に運ぶものですが、小車輪が前方だけ、後方だけ、前後ともについているものがあり、滑る危険があるので注意を要します。実用的には手すりを利用しての伝い歩きや車椅子の利用がすすめられます。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

リハビリテーション15*水素サプリメント [介護]

車椅子

 車椅子は、歩く代わりに自分でこいで利用するものです。歩けないか歩行の困難な人のためのものです。自分ではこがない人には介助用の車椅子もありますが、自分でこぐかこがないかによって車椅子の構造は異なります。また、訓練として歩行をするとしても、実用生活のためには車椅子を使用するほうが適当な場合もあります。移動手段としては歩行による移動とは別に考えることができます。
 車椅子には、標準タイプのほかにもいろいろあり、背もたれが高く、うしろに倒せるタイプ(リクライニング式)、スポーツ用に単純で軽量なタイプ、前の車輪が大きいタイプ、電動車椅子などがあります。また、ブレーキのタイプ、ひじ掛けのタイプ、足台のタイプ、ハンドルのタイプ、シートの高さ、自在輪(キャスター)の大きさなど各部分は利用する場所や目的により決める必要があります。
 車椅子の利用はどこでも可能というわけではありません。また、ベッド、ふつうの椅子、トイレの便座などとの乗り移りは十分練習しておく必要があります。乗り移り時はブレーキを忘れてはいけません。戸外では横断歩道などで段差があり、自分で越えられないこともあります。そうしたときには通りがかりの人に手助けしてもらいます。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

リハビリテーション14*水素サプリメント [介護]

代表的な自助具類

食事動作用品
・滑りどめマット 皿などを固定して食物をすくいやすくする
・フード・ガード 皿の縁に取りつけて食物のこぼれるのを防ぐ
・スプーンホルダー 握力の弱い人用
・ボトルオープナー 片手でびんのふたがあけられる
・長柄付きスプーン 関節の運動制限に対して
・カフ付きスプーン にぎれない人がスプーンを保持する
・マジックテープ付きコップホルダー にぎれない人用

更衣動作用品
・ストッキングエイド 関節の運動制限でも靴下をはけるようにする
・ボタンエイド 手指の変形や筋力低下、失調症などに対して

入浴動作用品
・滑りどめマット タイルなどの上に敷き、転倒防止
・バスブラシ、長柄ブラシ、ループ式タオル からだを洗うため
・バスミット 片手での洗顔、洗体用
・バスボード 浴槽の出入り用

排泄動作用品
・装着集尿器 男性用、女性用あり
・坐薬挿入器 片手用と両手用あり
・ふきふきリーチャー 排泄後始末用

整容動作用品
・長柄付き歯ブラシ(リーチャー) 関節運動障害に対して
・長柄付きくしブラシ(リーチャー) 関節運動障害に対して
・片手用爪切り てこ付き、足踏み式など
・チューブしぼり器 歯みがきチューブ用
・電気かみそりホルダー ひげそり用
・吸盤付き手洗いスポンジ 片手しか使えない人用
 このほかにも、ドアのノブ、水道栓、ガス栓などを回しやすくする長柄、書字用ホルダー、電話ホルダー、各種リーチャー(離れているところに届かせるための工夫)など自助具の種類は多種多彩です。
 これらを有効に使いこなすことにより、日常生活の自立度を高め、活動の範囲を広げるために役立てます。それはまひや拘縮[こうしゅく]の回復訓練と並行して使用され、できるだけ早く自分のことは自分でできるようにするためでもあります。やがて、使わなくてもできるようになることもあります。そのときの状態により、選ばれる自助具は異なり、利用法も異なることがあります。自分でする工夫も役立ちますが、専門家の助言が望まれます。デパートなどで市販されている自助具もあります。最近は各地に福祉機器展示場があり、そこで実物を見ることもできます。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

リハビリテーション13*水素サプリメント [介護]

自助具

 自助具とは障害による不利を軽減、あるいは解消するために考案された道具、または工夫のことです。食事、更衣、整容、書字、排泄、家事などの基本的生活動作から、電話など通信機器や環境制御装置の一部まで含めて、身のまわりの生活活動に関連したものが対象となり、それによっていろいろな動作を可能にして自立度を高めることができます。生活の手段的活動や職業、あるいは介護のための機器類も含めて、福祉機器とかテクニカルエイドとして、まとめられることもあります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

リハビリテーション11*水素サプリメント [介護]

脳卒中 離床期の注意点

 寝たきりを予防し、まひの回復を早めるためにもできるだけ早くベッドから離れること(早期離床)が大切です。しかし、離床時期の判断は必ずしも簡単ではないので、病院では医師の指示に従います。ベッドが3つ折りになって他動的に座位姿勢をとらせることのできるギャッジベッドを用いて座位をとらせる時期は、病状により個別に判断するべきですが、およそのめやすとして、脳梗塞では3~4日目、脳出血では1週間目が適当です。その場合、はじめは30度前後上半身を起こし、血圧と脈拍に変化のないことを確認し、30分ずつをめやすにして徐々に90度に近づけていきます。血圧計のない家庭では脈拍数に変化のないこと、患者と話をしながら意識に変化のないこと、顔色や気分などその他の全身状態に変化のないことを確認しながら、徐々に座位姿勢に近づけます。
 このやりかたは、自宅で生活する脳卒中の患者がかぜなどで数日寝込んだあとにも同じように利用できます。
 自分で歩くことを目標にするためには座っている姿勢だけでなく、いろいろな姿勢をとれることが必要です。寝返りやよつんばいの姿勢やひざ立ち姿勢をとることがおもな練習項目です。
 寝返りのやりかたにはベッドの柵を利用するなどいろいろありますが、訓練としては床や畳の上で図のようにおこないます。はじめは肩や腰のあたりを支えて介助してあげると転がるタイミングを覚えやすいものです。
 自分で起き上がり座るときにもベッドの柵を利用したり、ひもを引っ張って起き上がることが役立ちますが、訓練としては床や畳の上で図のようにおこないます。
 ベッドを使っている場合には、ベッドの横に腰かけて足の裏をぴったりと床につけて座る練習をします。畳での生活も利点は多いのですが、立ち上がって歩くという点ではベッドを利用したほうがはるかに便利です。
 畳での生活の場合、座ったまま移動することも練習します。同じように座った姿勢からよつんばいの姿勢やひざ立ち姿勢をとり、5~10秒間、保つ練習をします。ひざ立ち姿勢が安定してきたら、次は床から立ち上がる練習をします。健常な側のそばに机など支えになるものがあればそれを利用します。支えがなくてもこつを覚えれば立ち上がれるようになりますが、はじめのうちは横にいて立ち上がりを介助してあげることが必要です。また、日中は椅子に腰掛けているほうが寝て過ごすよりからだによいので、床から椅子に腰掛ける方法も練習します。
 家の中で歩くときには手すりや壁伝いに歩くのが安全ですが、戸外では杖を使った歩きかたの練習も必要です。
 寝たきりになる原因としては骨折の原因となる転倒が最大のものです。寝たきりのきっかけになる転倒は家の中で起こることが多いので、室内の環境整備を心掛けることが大切です。転んで骨折すると必ず寝たきりになるわけではなく、適切な治療を受ければふたたび歩けるようになります。転ぶことを心配して歩くことをやめてしまうと骨折する前から寝たきりになります。寝たきりにしていても着替えの介助やおむつ交換などで骨折する危険はあります。寝たきりのため、余計に骨がもろくなっているからです。
 歩行練習とあわせて、身のまわりの生活動作はできるだけ自分でできるように練習します。衣服は着替えやすいものを選び、食事には自助具を利用し、トイレは洋式便器や自動洗浄器の利用が便利です。入浴で、浴槽に出入りする動作は図のような工夫により自分でできる例があります。しかし、全身浴は体力を消耗しますので、まひの軽い人でも血圧や脈拍や息切れなど全身状態に注意します。シャワー椅子を利用してのシャワー浴が比較的安全です。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます