So-net無料ブログ作成

食事療法10*水素サプリメント [健康]

食品中の食塩量

 味つきの加工食品中の食塩は、意外に多いのです。魚も肉も素材を料理すると2%(材料100gに2g)の塩分は相当塩味が強く感じるのですが、かまぼこやハム、ソーセージなどは2.5%もあるのに薄く感じ、しょうゆなどをつけがちです。塩焼きでも煮魚でも調味用に加えた調味料は、流れたり汁に残るので摂取する食塩量は計算よりも少なくなります。味つきの加工食品を避けることが1つの要領です。
 薄味でも量が多いと食塩が多くなります。汁物、めん類、味つけご飯物などには注意しましょう。農村で漬物を山のように食べる習慣は、食塩のとりすぎの原因になります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法9*水素サプリメント [健康]

減塩食の必要な状態

 食塩1gは体液中のナトリウム120gに相当し、体液のナトリウム濃度は一定に保たれています。浮腫や腹水など体内に水がたまる場合は、ナトリウムの排泄がうまくできないためですから減塩食で軽快します。たとえば心臓病、腎臓病、妊娠中毒症、肝臓病などです。高血圧も下がります。
 高血圧には減塩が有効です。高血圧の家系では若いときから食塩が多い食事をとると発病します。日本人の過半数が高血圧になるのは食塩をとりすぎているためです。食塩の少ない食習慣をつけて予防しましょう。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法8*水素サプリメント [健康]

減塩食(低ナトリウム食)

 減塩食は健康食、病人食の基本です。食塩は1日に0.5gあれば十分で、問題になるのはナトリウムです。日常の食品材料中には食塩として2g程度のナトリウムが含まれていますから最低必要量には十分です。厚生労働省では10g以下をすすめていますが、日本人は12.7gとっています(平成10年国民栄養調査)。高血圧治療には6g以下がよいのです。
 ただし、急に食塩量を減らしても排泄されるナトリウムは急には減りませんのでナトリウム欠乏のため脱力感、食欲低下を起こします。減塩は段階を踏んでゆくことです。
 塩味は味付けの決め手です。どんなに材料がよくとも塩味が薄すぎても濃すぎてもまずく、慣れた味がよいものです。だんだん薄くしてゆくと慣れて薄味をおいしく感じるようになります。ふだんから食塩の少ない食生活をすることは健康につながります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法7*水素サプリメント [介護]

軟食

 さらに回復してきたら与える食事で、病状の回復に伴い、三分がゆ食、五分がゆ食、七分がゆ食、全がゆ食とかゆの濃さに従って、副食もそれに相当するやわらかいものを使います。
 全がゆは米1カップに水5カップで炊き、できあがりが800g、七分がゆは水7カップで1120gに、五分がゆが米半カップに水5カップでできあがりが800g、三分がゆが米半カップに水10カップを使って1600gに仕上げます。かゆを調理するポイントは、強火で沸騰させたら、いったん木じゃくしで底についた米粒を離し、あとは火を弱めてすこしふたをずらし、やっと沸騰が続くくらいの火の強さで50分煮ます。
 最近はかゆの炊ける炊飯器や専用の電気器具などがつくられていますから、それらを利用してもいいでしょう。
 また、かゆのレトルト製品や缶詰も発売されています。なお、流動食のおもゆは、五分がゆをガーゼで自然にこしたものです。
 かゆはむかしから病人食の中心でした。水分補給としては茶などよりエネルギーはありますが、慢性の病気や回復期の患者には、ご飯のほうがエネルギーがとりやすいです。
 かゆには卵、牛乳、梅干し果肉、番茶、刺身などを加えて栄養価を上げたり、風味の変化をつけられます。オートミール、パンがゆ、コーンフレーク、マフィンなども使えます。
 副食としては下の表「回復期軟食の調理例」を参考にしてください(なお、表および献立は主として文部科学省認定社会通信教育『栄養と料理専門講座』「病人食」からの引用です)。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 

食事療法6*水素サプリメント [介護]

流動食

 固形物がほとんど含まれず、かまずに飲み込めるもの、固形でも口の中で体温によって溶けてしまうものです。病人が固形物をまったく食べられなくなったときに用います。
 たとえば口や歯の外傷で口があかないとき、歯の治療時、口腔内の粘膜に炎症があるとき、悪心、嘔吐、意識不明、食道の通過障害、急性下痢、急性胃炎など急性の消化器障害の直後など胃腸の安静を守りたいとき、開腹手術(虫垂炎、胆嚢炎や胆嚢結石、胃・十二指腸潰瘍やがんの手術)のあとなどです。
 病気の急性期や絶食後など、はじめて口にする繊維や脂肪の入っていない流動食を単純流動食といいます。薄味で濃度も薄いもので、湯ざまし、麦茶、薄いおもゆ、繊維や脂肪の入っていないスープ、薄いくず湯、薄い果汁などです。はじめは1時間おきに50mlぐらい(カップ4分の1)から徐々に量を増し、回数を減らします。とりあえずの水分補給などのためですから、長期間続けると栄養が不足します。せいぜい2~3日にします。
 すこし症状が回復してきたら、良質たんぱく質などを含み、エネルギーも高い濃厚流動食へすこしずつ変えます。卵、牛乳、脱脂粉乳、ゼリー、すり流し汁、ポタージュ、くず湯などで、回復してくれば軟食に移ります。しかし食欲も出て消化吸収力が上がっても固形食がとれない場合には、濃厚流動食だけで栄養を維持できるよう、またあきないように味つけも工夫が必要です。アイスクリーム、シャーベット、ゼリーなどにする調理法も使えます。栄養素のバランスをとって調合した各種濃厚流動食も市販されています。味が単純ですから長期間は無理ですが、成分的には使用可能です。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法5*水素サプリメント [健康]

生活習慣病を防ぐ四群点数法の基本食

 「四つの食品群」の第一群、第二群、第三群を3点ずつ(3・3・3)必ずとり、それに穀物を中心にいろいろな食品を加えてその人に適したエネルギー量(点数)にします。その範囲内なら病気で禁じられている食品以外、なんでも好きなものが食べられます。
 第一群は、牛乳・乳製品と卵です。牛乳・乳製品とは、牛乳、ヨーグルト、チーズです。ヨーグルト1本、チーズ24g(厚さ8mmくらい)がそれぞれ1点です。成人は1日に2点はぜひとりたい量です。これでカルシウムは所要量の半分がとれます。卵は1日1個1点です。もっとも栄養価の高いたんぱく質が含まれます。コレステロールを心配する人もいますが特に血清コレステロールが高くない限り、卵1個は問題ありません。第一群は日本人に特に欠けやすい成分を補う切り札です。
 第二群は、魚や肉と豆です。良質のたんぱく源です。脂肪の少ないひらめやたいなどは大きな切り身1枚、脂肪のない牛もも肉なら70gのものが1点です。脂肪の少ない魚や肉で1日2点とります。脂肪はとてもエネルギーが高いので脂肪の多い魚や肉の2点ではたんぱく質は不足しますので、赤身の部分が2点になるようにします。肉の脂肪はコレステロールを上げやすい性質があります。魚の脂肪にはエイコサペンタエン酸(EPA)が含まれて血栓を防ぐので動脈硬化症によく、やはり魚の脂肪だけに含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)は血清中性脂肪を低下させます。たらこや塩乾物、練り製品などの加工食品は知らないうちに食塩をとることになるので、なるべく素材を使います。豆は特に大豆製品が、良質のたんぱく質と植物性脂肪、カルシウムや鉄源となります。1点は豆腐半丁くらい(100g)、納豆40g、高野豆腐1枚です。毎日1点とりましょう。第二群は良質のたんぱく源で、からだの成分です。
 第三群は、野菜、果物、いもの各1点です。野菜の1点は約300g、ほぼ6皿分です。うち100gは緑黄色野菜にします(ビタミンA〈βカロチン〉)。緑黄色野菜はがんをはじめ、その他の生活習慣病をかなり予防します。第三群の食品にはビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富です。海藻やこんにゃく、きのこ類はエネルギーはありませんが、食物繊維が豊富なので野菜グループにいれます。漬物は食塩に注意します。いもの1点はじゃがいも小1個ぐらいです。果物はみかん1個200g前後で1点です。

 第四群は、エネルギーが多い食物です。穀物、砂糖、油脂、ナッツ類、アルコール飲料、清涼飲料、菓子などです。ほかの栄養素は少ないので第四群から食べ始めると満腹して食べるのをやめたりして、栄養がかたよります。エネルギーは、余分を脂質にして蓄えておくほどに貴重な財産です。
 バランスよく栄養をとるには、成人ではまず、第一群から第三群まで各3・3・3と前述のようにとれば、エネルギー以外の栄養素を必要なだけ確保できます。これで9点720キロカロリーです。これに第四群の穀物を中心に、いろいろの食品を加えて必要エネルギーまでとればよいのです。エネルギー制限が必要な肥満や糖尿病でも3・3・3を確実にとれば、第四群の調節だけで安全に体重を減らせます。
主な食品の熱量点数1点(80kcal)あたりの重要



水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 

食事療法4*水素サプリメント [健康]

四群点数法の考えかた

 食品を大きく4つに分類します。
 第一群=乳と卵
 第二群=魚や肉と豆
 第三群=野菜、いも、果物
 第四群=穀物、砂糖、油など
 次に各群のとりかたですが、第四群のエネルギーの必要量は人によって異なりますので各人で調節し、第三群までは共通のとりかたをすれば栄養所要量が容易に満たせます。
 とりかたの基準になる食品量の示しかたですが、食品の重さで示すと、ご飯とお米、粉乳と牛乳のように、水分量が変わるときには換算しなければなりませんので、むずかしくなります。そこで80キロカロリーの食品を1点として数えれば、23gのお米も55gのご飯も同じ1点80キロカロリーで、ほかの栄養素の量は同じです。1点の分量を覚えるのは面倒なようですが、身近にある食品の1点は次のとおりで一度覚えれば比較的実行しやすいのです。
 牛乳はコップ1杯140g、卵は1個50g、魚の切り身1切れ60~100g、じゃがいも小1個は正味100gです。
 いちばん安心な栄養素のとりかたは、まず、たんぱく質、ビタミン、ミネラルのおもなものを所要量だけとれるように確保したうえで、その人に必要なだけのエネルギーをとればよいのです。エネルギーの必要量は個人により差があって、不足も過剰も健康をそこねます。健康な人はふつう、エネルギーについては空腹感や食欲などで自然に調節することができます。エネルギーが過剰だと体重がふえ、不足だと減ります。食欲が正常でない人は体重をめやすとして調節しましょう(糖尿病など)。
四群点数法基本構成・1日20点




水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法3*水素サプリメント [健康]

四群点数法による献立作成

 献立は栄養所要量を満たすようにつくればよいのですが、食品ごとの栄養価を食品成分表で計算していてはたいへん面倒です。
 食品の成分はそれぞれ異なりますが、似た者どうし、たとえば、じゃがいもとさつまいも、米と小麦はその組成も共通点が多いのです。そこで食物をグループ分けしてそれぞれ決めた量をとるようにすれば、かなり正確に栄養所要量をとることができます。簡単で覚えやすく、実行しやすい四群点数法を次回以降で説明します。
食品100gあたりの成分例




水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法2*水素サプリメント [健康]

栄養素の必要量

 厚生労働省は栄養所要量(食事摂取基準)を示しています。各栄養素ごとにこれ以上はとりたい量(栄養所要量)とこれ以上は好ましくない量(許容上限摂取量)の両方を年齢、性別、生活活動強度別などで示しています。これに基づいて献立をたてればよいのです。ここでは、30~49歳の生活活動強度II(やや低い)の健康人の数値を示します。見てもわかるように、たくさんの栄養素が取り上げられています。これらを1つ1つ計算するとたいへんですが、ふつうの、あまり加工していない食品をバランスよく食べていればビタミンやミネラルなどの微量でよい栄養素は大体とれます。
 極端に精製しすぎた食品、たとえば砂糖や油脂、澱粉、蒸留酒などが多くなるとエネルギーは多いので満腹になってほかの食品がとれなくなり、自然の食品に本来含まれているビタミンやミネラルが不足する心配があります。そこで食事の栄養バランスに自信がないからといってむやみにサプリメント(栄養補助食品)をとることは問題です。なるべくふつうの食品をバランスよくとるようにするのが安全です。いろいろの理由でどうしても食事がかたよるときに、適切なものを必要最小限使用する程度にします。
栄養所要量


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法1*水素サプリメント [健康]

健康と栄養

 病人食は病気の治癒を助ける食事です。病気を癒す力を最大限に発揮するには、栄養はきわめて大切です。基本は第一にからだを維持できる栄養をとることです。次に病状に応じて食事の成分を増減します。一般に病人は食欲がなかったり、体力が弱り消化能力が落ちていることが多いので、こころのこもったおいしい料理にして食べやすく供食します。
 病人食は、特に成分の制限なしにかたさだけを変えた一般患者食と、成分上の制限や変更のある特別食とに分けられます。一般患者食は食欲がなかったり、熱があったり、消化能力が低下しているときに使うやわらかい食事や、慢性の病気のときに使うバランスよくつくったふつうの食事です。まず一般患者食について、そのあと特別食のうち家庭で扱うことの多いものについて例を挙げます。
 これらの食事の解説の前に、最初に前提となる健康人の栄養所要量、食品の基本的なとりかたについて述べておきます。なお各種栄養素の概括的な説明は「病気の予防」の項を参照してください。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます