So-net無料ブログ作成
ダイエット ブログトップ

食事療法23*水素サプリメント [ダイエット]

肥満の食事療法2

 食事量3及び食事療法4に示した四群点数法は肥満の治療には最適です。第一群から第三群まで3・3・3を必ずとって、第四群を抑えて全体で11~16点ぐらいにしていけば、必要な栄養分がとれて健康に減量できます。これを習慣化するのが再発を防ぐコツです。それには、食事記録をつけて毎日点数計算しながら食べるとよいのですが、実際の献立例を下に示します。
 食事の配分も大切で、3食同点にし、夜は早めに食べます。間食、特に夜食は意外に高いエネルギーをとるものです。身近なところに手軽に食べられる食物、菓子などを置かないことも、無意識で食べるのを防ぐ大切な方法です。
 慣れないうちは1点重量の多い食品を使い、かさをふやします。なかでも野菜はエネルギーが少なく、容量が多くて、食物繊維やビタミン、カリウムがたっぷりとれますので、肥満に伴いがちな高脂血症や高血圧にも適しています。必ず1点、300g以上(6皿ぐらい)とります。
 たんぱく質不足を防ぐためにも、魚・肉類では脂肪の少ないものの2点は確保することがエネルギー制限食のコツです。
 油はとりすぎに注意しますが、1点程度は使わないと空腹感が強くなります。
 アルコール飲料は意外にエネルギーの高いものです。たとえばウイスキーはシングルで0.9点、ビールは大ジョッキ1杯が2.5点、大瓶1本3.2点、日本酒徳利1本(195ml)2.8点、ワイン1杯(100ml)0.9点などです。注意しましょう。
 1回の食事時間はなるべく長びかせて、少量をよくかんで食べるのも効果的です。やわらかくて食べすぎやすい食品よりも、すこしかたかったり、食べるのに皮をむいたり、骨をはずすなど手間のかかる食品にするのもよいでしょう。1口食べて中座する方法もあるそうです。肥満児などでは、食事すこし前にスープやごく小さなあめを1個与えて、食欲を抑えてから食事にかかる方法もあります。
 肥満は生活習慣病のもとなので、余病を起こさないうちに治したいものです。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 

食事療法22*水素サプリメント [ダイエット]

肥満の食事療法1

 肥満は、エネルギーの蓄えである脂肪がふえすぎた状態です。適正な体重はBMI(体重(kg)÷身長(m)の2乗)が22で、26以上は肥満とされ治療が必要です。原因がエネルギーの蓄えすぎですからエネルギーを少なくすれば簡単によくなるはずですが、実際には空腹感が強くて長続きしません。また、かりに減量に成功しても、きわめて再発しやすいことも問題です。食習慣を改めないとすぐもとに戻ってしまうのです。
 肥満はエネルギーの過剰蓄積ですが、健康維持にはたんぱく質、ビタミン、ミネラルは必要ですし、肥満の治療には長くかかりますから、エネルギーの少ない、栄養バランスのよい食習慣をつくることが肝心です。体脂肪1kgは9300キロカロリーで1週間分ほどもあり、かりに絶食しても脂肪は1週間に1kgぐらいしか減らないはずです。急速な減量は魅力がありますが、栄養バランスをくずして健康をそこねる危険があるうえに、再発も多いのでむだな努力になりがちです。
 肥満は生活習慣病のもとなので、余病を起こさないうちに治したいものです。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます