So-net無料ブログ作成
心臓病 ブログトップ

薬の正しい知識26*水素サプリメント [心臓病]

薬によるその他の障害2

 強心薬で心臓の収縮力を高める作用があるのに、たくさんのみすぎるとかえって収縮力を弱めたりします。
 脈の乱れを治す薬(抗不整脈薬)でかえって脈が乱れることもあります。最近アメリカで、重症の不整脈の人たちに対する試験で2種類の抗不整脈薬を長期間用いた場合に、まったく薬を使わなかった場合よりかえって死亡率が高かったという結果が発表されました。あらためて薬の効果の見直しが必要になっています。
 一般に作用の強い薬は医師の十分な指導を受けます。服用のしかたや量などをまちがえないようにし、しかも副作用がすこしでも出たら適切な処置を受けなければなりません。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

食事療法15*水素サプリメント [心臓病]

心臓病の食事療法

 狭心症の人や血清脂質(コレステロール、中性脂肪)が高い人、心筋梗塞の回復期でリハビリ中の人、心臓手術後の人など動脈硬化の進んだ人は血清脂質が上がらないようにします。まず3・3・3は必ずとって栄養のバランスを確保します。血清コレステロールが高い人は牛乳・乳製品はローファットやスキムミルクを選び、卵黄を避けます。魚・肉類は1日に2点(2皿)はとるようにしますが、肉は脂肪の少ないものを選びます。魚の脂肪は発作の原因となる血液凝固を防ぎます。豆類もリノール酸が多く、血清コレステロールを下げます。ただ、納豆はビタミンKが多いので、発作予防のために血液凝固阻止薬を使用している人は避けます。
 野菜は動脈硬化症にはよい食品です。ただし、漬物は塩分を伴いますから2、3切れにします。海藻、きのこも食物繊維が多くコレステロールを下げます。いもも果物もコレステロール低下にはいいのですが、食べすぎると中性脂肪が上がることがあるので1点ぐらいにします。
 肥満は血清脂質、特に中性脂肪を上げます。主食、砂糖、脂肪、菓子、アルコールの制限が必要です。
 脂肪はラードやバターを避けて植物性油にします。市販の揚げ物やスナック、安価なビスケットには血清コレステロールを上げるヤシ油やココナツ油の使用が意外に多いようです。
 糖尿病のある人は糖尿病食を実行します。
 高血圧は動脈硬化症を悪化させます。常に減塩に努めましょう。
 心不全でむくみが出たり動悸のひどいときは、たんぱく質に留意したバランスのよい減塩食とし、水分のとりすぎにも注意します。食事は消化のよいものをすこしずつにして回数をふやします。容量が多かったり、炭酸飲料を飲むと胃が膨張して、上にある心臓に負担をかけるので避けます。
 狭心症や心筋梗塞の発作後は流動食にして安静を守ります。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康
心臓病 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます